コンテンツ詳細

  1. Home
  2. Content
  3. Content Detail
   

WEBデザイナーになるには?必要なスキルや働き方の種類、勉強法をご紹介

WEBデザイナーになるには?必要なスキルや働き方の種類、勉強法をご紹介

 

この記事を書いている人

mayu(25歳)ウィンタースポーツ・メンタルヘルス・旅行などのジャンルをメインに活動中のフリーライター。

WEBサイトなどを制作する職業 「WEBデザイナー」は、インターネットの普及とともに需要が増加している注目の職業です。

専門的な知識が必要ではあるものの、仕事をするにあたって必要な資格がないため、トライしやすい職業でもあります。

今回は、WEBデザイナーになるには どうすべきかに焦点を絞り、必要なスキルや考えられる勉強方法、そしてWEBデザイナーとして働く方法などについてご紹介します。

WEBデザイナーとは

まずは、WEBデザイナーという職業についてご説明します。

WEBデザイナーとは、簡単に言うと「WEB関連のデザインを行なう職業」です。

私たちが日頃から目にするWEBサイトや、サイトに出てくる広告画像などを制作することが中心ですが、案件によって求められる能力も多岐にわたります。

また、WEBデザイナーはクライアントの要望に沿ったデザインをつくったり、プログラミング言語を用いてサイトを構築したりと専門知識が必要です。

しかしそのぶん、 アイデアが形になったときには大きなやりがいを感じる職業だといえます。

WEBデザイナーになるには

WEBデザイナーには必須の資格などがないため、自身に合った方法できちんと勉強を積めば、誰でもWEBデザイナーになることが可能です。

専門知識が必要ではあるものの、 参考書や専門のスクールなどが充実しているほか、ネットにも情報がたくさん載っているため、トライしやすい環境は整っています。

そして最低限のスキルが身についたら、正社員やフリーランスなどの働き方で実務経験を積み、スキルアップしていくのが一般的な流れです。

デザイナーを募集する企業のなかには「未経験でも歓迎」と記載しているところもあります。

しかしこの場合は「知識すらない未経験」ではなく、「最低限の知識はあるが、実務経験がない状態」を指すことがほとんど。

したがって、 最低限のWEBデザインスキルは自身で身につける必要があります。

WEBデザイナーの仕事内容

時間や場所を問わず、パソコン1つで働くことも可能なWEBデザイナー。

コロナ禍の影響も受けにくく、結婚・出産などによる働き方の変化にも柔軟に対応しやすいため、女性にも人気がある職業のひとつです。

WEBデザイナーの仕事は多岐にわたりますが、主な業務はグラフィックソフトなどを使用した「WEBサイト&バナー(広告画像)のデザイン」と、デザインをもとにプログラミング言語を用いてWEBサイトを構築する「コーディング」です。

クライアントがどんなWEBサイトを求めているかを明確にし、それをもとにデザインやコーディングを行なっていきます。

なかには、コーディングを専門のコーダーに任せるケースもありますが、将来的にフリーランスとして働くことを目指すのであれば、1人で完結できるスキルを身に付けたほうが選択肢が広がるでしょう。

したがって、 1つのWEBサイトにかかる工程を理解し、自身の力だけで制作できたらWEBデザイナーとして仕事ができる段階にあるといえます。

WEBデザイナーに求められるスキル・能力

WEBデザイナーに必要なスキルや能力には、主に以下の4つが挙げられます。

✅プログラミングスキル

✅デザインスキル

✅SEO対策スキル

✅デザインセンスをアップデートし続けられる能力

少し詳しくみていきましょう。

コーディングスキル

プログラミング言語を使い、WEBサイトを構築する際に必要なのが「コーディングスキル」です。

使われているプログラミング言語はいくつかありますが、最もよく使われるのがHTMLとCSS。

HTMLはWEBサイトの内容を構築し、CSSはWEBサイトのスタイルを指定する言語になります。

未経験から勉強を始める際にも、WEBサイトの仕組みを先に理解してからデザインの勉強を進めたほうがわかりやすいので、まずはコーディングから勉強するのがおすすめです。

デザインスキル

WEBデザイナーというだけあって、当然ながらデザインスキルも必要です。

主にAdobeのPhotoshopやXD、Illustratorなどのソフトを使ってクライアントが求めるデザインを形にしていきます。

ユーザーの目に最もよく触れる大切な要素のひとつですので、 見やすく、成果に繋がりやすいデザインを施せるスキルを日頃から磨きましょう。

SEO知識

いずれサイトを制作する段階になったときには、デザインとコーディングのほかにSEOの知識も求められます。

クライアントはデザインそのものに加えて、より多くアクセスが集まり、売上に繋がるサイトを必要としているからです。

したがって、 ヒアリングの時点でインターネットでの検索を想定したデザインが提案できると、即戦力として活躍しやすくなるでしょう。

デザインセンスをアップデートし続けられる能力

WEBデザインのトレンドは、目まぐるしく変わります。

したがって、現状にとどまらずトレンドの潮流をしっかり捉え、クライアントに最適なデザインを提案する能力もWEBデザイナーにとって重要です。

そのためにも、日々たくさんのデザインに触れてインプット量を増やし、自分が持つ感性をアップデートしていかなければなりません。

そうして取り入れたアイデアを自身の制作にも活かすことで、さらにスキルが向上するのです。

一人前のデザイナーはだいたい以下のことを実践し、デザインスキルを養っています。

たくさんのデザインに触れ、見る目を養う

デザインセンスをアップデートするには、 「どんなデザインが良しとされているか」を知ることが1番の近道です。

人気のサイトや売上が高いサイトをチェックし、「なぜこのデザインが効果的なのか」を徹底的に観察することで、少しずつヒントが見えてきます。

かっこいい・おしゃれという要素だけでなく、ユーザーにとってわかりやすいWEBサイトを制作するためにも、日頃からトレンドをおさえつつコンバージョンの高いデザインをチェックしましょう。

いくらかっこいいデザインのサイトであっても、動線がわかりにくいだけでユーザーが離脱してしまいます。

いいと思ったテクニックを吸収し、制作に活かす

優れたデザインをインプットして目が養われたら、それらのテクニックを吸収し、制作に活かすことも効果的です。

「このデザインはどのように作られているか?」を、実際に手を動かして追求することは、自分の経験値を上げることに繋がります。

練習用に模写したデザインをそのまま制作物に使用するのはNGですが、とにかく数をこなすうちに自身のレパートリーが増えていき、実際の業務にも技術を活かせるようになるのです。

WEBデザイナーとして働く方法

WEBデザイナーとして働く場合、就職または個人事業主として仕事をするパターンが多いです。

必須の資格がある職業ではないため、働き方を自分で選びやすいのもメリットだといえます。

企業に就職する

まず考えられるのは、WEB制作会社などで正社員として働く方法です。

ある程度安定した収入が得られるだけでなく、チームで動くぶん手掛ける案件の数も多いので、実務経験をたくさん積むことができます。

また、役割分担が明確なところであれば、デザイン業に専念し、技術を磨くことも可能です。

同僚もWEB業界に詳しい人たちばかりなので、最新のトレンドなどがキャッチしやすいのもメリットだといえます。

独立する

WEBデザイナーとしてある程度経験を重ねたら、フリーランスに転身するのも方法のひとつです。

フリーランスとして働く最大のメリットは、インターネット環境があれば時間や場所を問わず働けること。

そのため、結婚や出産などのライフイベントに左右されにくいのも魅力です。

自分で仕事を取ったり、デザイン以外の業務も行なったりと大変なこともありますが、やりがいを感じられる働き方だといえます。

WEBデザイナーになるために準備すること

WEBデザイナーの勉強を始めるのは、以下の2つを用意すればすぐにでも可能です。

はじめからプロが使うようなものを用意してもいいかもしれませんが、無料で最低限の機能を備えたものも充実していますので、費用をかけずに勉強することもできます。

画像編集ソフト

まずは、デザインをつくるときに必要な画像編集ソフトです。

代表的なソフトにはAdobeのPhotoshopやXDがあり、ロゴやバナー、アイキャッチ画像などの制作物に活用できます。

WEBデザイナーとして仕事をするようになると、さまざまな場面で利用する機会がありますので、早い段階でマスターしておくのがおすすめです。

テキストエディタ

そして、コーディングをするために必要なテキストエディタです。

パソコンにデフォルトで搭載されているメモ帳などでもプログラムは書けますが、コーディングのために開発された専用のエディタには、それぞれ便利な機能が付いています。

したがって、最初から専用のエディタを使用し、操作に慣れておくのがおすすめです。

WEBデザイナーになるための勉強法

WEBデザイナーになるためには、いくつかの方法があります。

ここでは、WEBデザインのスキルを習得するための主な方法をご紹介します。

独学でスキルを身につける

まずは参考書などを購入し、独学でスキルを身につける方法です。

自分のペースで勉強を進められるほか、費用もそれほどかからないので、仕事をしながらでも続けやすいというメリットがあります。

しかしそのぶん、モチベーションの維持などが課題になることも。さらに、困ったときに気軽に聞ける人が近くにいないと、挫折する可能性も高くなります。

したがって、独学の場合は空いた時間を有効に活用して勉強を進めつつ、オンライン上でもいいので同じくデザインを勉強する仲間をつくるといいかもしれませんね。

スクールに通ってスキルを身につける

つぎに、専門のスクールに通ってスキルを身につける方法です。

必要な知識だけを専門の講師から学べるほか、一緒に通う仲間と助け合いながら勉強を進められるメリットがあります。

しかし、そのぶん費用が高額になるほか、会社勤めをしている社会人の場合は時間の制約も大きくなります。

こういった場合、 独学とスクールの中間に位置する「オンラインスクール」で学ぶという方法を検討するのもおすすめです。

まとめ

この記事では、WEBデザイナーになるにはどうすべきかに焦点を当て、必要なスキルや考えられる勉強方法、そしてWEBデザイナーとして働く方法などについてご紹介しました。

専門的な知識が必要ではあるものの、仕事をするにあたって必要な資格がないぶんトライしやすい職業でもあります。

また、クライアントの要望に沿ったデザインをつくったり、プログラミング言語を用いてサイトを構築したりと専門知識が必要ですが、いざアイデアが形になったときには大きなやりがいを感じるでしょう。

インターネットの普及とともに需要が増加している職業でもありますので、興味があったらぜひトライしてみてくださいね。

一覧に戻る