コンテンツ詳細

  1. Home
  2. Content
  3. Content Detail
   

いいECサイトデザインのポイントは?参考にしたいまとめサイトも紹介

この記事を書いている人

mayu(25歳)ウィンタースポーツ・メンタルヘルス・旅行などのジャンルをメインに活動中のフリーライター。

自社で作っている商品やサービスの紹介・販売を行なうためのWEBサイトのことを、ECサイトといいます。

私たちの生活にも深く浸透しているECサイトですが、特に売り上げが高いサイトのデザインには共通点があることをご存知でしょうか。

この記事では優れたECサイトの共通点や、デザインを制作するうえで意識すべきこと、そして参考にしたいデザインまとめサイトをご紹介します。

いいECサイトデザインの共通点

ユーザーの印象に残りやすいECサイトには、以下のような共通点があります。

✅購入までの動線がわかりやすい・ページ全体が見やすい

✅伝えたいことがファーストビューで理解できる

✅ページの表示スピードが速く、ストレスなく買い物できる

✅PC、スマホ、タブレットなど、あらゆるデバイスに対応している

これらの要素を意識してECサイトをデザインすることで、より高いコンバージョンに繋がりやすくなります。

それぞれの項目について、詳しく解説していきます。

購入までの動線がわかりやすい・ページ全体が見やすい

 

ECサイトのデザインには、見た目の美しさはもちろん、 購入までの動線のわかりやすさやページ全体の見やすさを追求することが求められます。

つまりECサイトデザインではかっこいい・おしゃれといった見た目のインパクトと、ユーザーを途中で離脱させず、商品・サービスの購入まで誘導することの両立が大切です。

購入ボタン、決済ページといった目的地がわかりにくいサイトに対し、ユーザーがストレスを抱いてしまうのも想像に難くありません。

たとえばECサイトの場合、

✅配色や文字の大きさ、文字数が適切で見やすい

✅購入ボタンの位置・見た目がわかりやすい

✅情報入力の手間が少ない

などの要素を取り入れ、見やすさとわかりやすさを向上させています。

伝えたいことがファーストビューで理解できる

ユーザーの購買意欲を刺激するECサイトは、ページが表示されてからスクロールせず確認できる範囲(=ファーストビュー)に工夫を凝らしていることが多いです。

たとえば、以下のような要素はECサイトのファーストビューによく配置されています。

✅ひと目で商品の特徴がわかる、もしくはインパクトのあるキャッチコピー

✅おしゃれなバナー広告

✅商品を絞り込むための検索欄

✅タイムリーな情報(セールなど)

これらを取り入れることで、目的の商品が見つかりやすくなるほか、サイト内の回遊率を上げることにも繋がります。

また、近年はパソコンよりもスマートフォンからのアクセスが圧倒的に多いため、スマートフォンでアクセスしたときのファーストビューに力を入れて設計することが求められます。

ページの表示スピードが速く、ストレスなく買い物できる

ECサイトにおいてとても大切なのが、 ユーザーにストレスを感じさせないこと。

ストレスを与えないための要素としてシンプルなデザインや、使用イメージが浮かびやすい画像の掲載などがありますが、何よりもそれらをスムーズに表示させることが重要です。

理由としては、アクセスに時間がかかるだけでユーザーはストレスを感じてしまうから。

アクセスしてページ全体が表示されるまでに4秒以上かかると、約25%ものユーザーが離脱してしまうという調査結果も出ています。

したがって、ECサイトを設計する際はサイトの表示スピードを上げることを意識しましょう。

簡単な例を挙げると、商品画像を適切なファイルサイズに修正するだけでも、表示スピードは大きく変わります。

PC・スマホ・タブレットなどのデバイスに対応

PC・スマホ・タブレットなど、さまざまなデバイスに対応していることを「マルチデバイス対応」といいます。

表示するデバイスに合わせてECサイトのレイアウトを変更し、適切に表示させるよう設計することは必須の対応です。

また、パソコンとスマートフォンではファーストビューで確認できる情報量も異なるため、どの情報を優先して掲載するかを整理する必要があります。

パソコン用のページをスマホで閲覧したり、スマホ用のサイトをパソコンで閲覧したりすると違和感が生まれ、この違和感がページからの離脱に繋がることもあるので注意しましょう。

印象に残るECサイトを制作するには

コンバージョンを左右しかねないECサイトのデザインスキルは、いくつかの方法によって向上させることが可能です。

ここでは、優れたECサイトをデザインするために効果的で、なおかつ代表的な方法を紹介します。

優れたECサイトデザインを参考にする

ECサイト制作におけるデザインスキルを磨くには、 「売れているサイトのデザイン」を知ることが1番の近道です。

コンバージョンが高い人気サイトをチェックし、「なぜこのデザインが効果的なのか」を徹底的に観察することで、少しずつヒントが見えてきます。

かっこいい・おしゃれという要素だけでなく、商品やサービスの魅力を伝え、ユーザーの行動を促しやすいECサイトを制作するためにも、優れたデザインを日頃からチェックしましょう。

とにかく数をこなす

優れたECサイトデザインを見つけたら、それらを実際につくってみる(=モデリング)という練習も効果的です。

「このデザインはどのように作られているか?」を、実際に手を動かして追求することで、デザインにおける経験値を上げることができます。

練習用に模写したデザインをそのまま制作物に使用するのはNGですが、数をこなすうちに自身のレパートリーが増え、実際の業務にも技術を活かせるようになるのです。

ECサイトデザインの参考になるギャラリーサイト

コンバージョンの高いECサイトは、国内外のサイトデザインをまとめたギャラリーサイトでチェックすることが可能です。

ここでは、参考になるECサイトのデザインを集めたギャラリーサイトをご紹介します。

MUUUUU.ORG

https://muuuuu.org/category/sitetype/ec

「MUUUUU.ORG」は、スタイリッシュなECサイトのデザインを集めたギャラリーサイトです。

デザイン性の高さだけでなく、見やすさ・使いやすさを重視したサイトが数多く集まっていて、ECサイトのトレンドもチェックすることができます。

また、ギャラリーサイト自体も見やすく、ギャラリーのカテゴライズも制作者目線であるため、参考サイトを探す際にとても重宝するはずです。

I/O 3000

https://io3000.com/tag/ec/

「I/O 3000」はデザイン事例が豊富で、更新頻度の高さが特徴のギャラリーサイトです。

タグや色味など、デザイン検索の方法が多岐にわたるほか、個性的なデザインも充実しています。

デザインをランダムに表示させる「シャッフル機能」も付いているので、新たなインスピレーションが得られやすいでしょう。

また、国内だけでなく、海外のサイトも含めて高い頻度で追加されます。トレンドのチェックにもピッタリです。

Web Design Clip

https://www.webdesignclip.com/tag/ec-shop/

「Web Design Clip」は、スタイリッシュなECサイトのデザインが集められたギャラリーサイトです。

ギャラリーサイト自体もシンプルで使いやすく、カテゴリごとの検索に加え、テイストやパーツ(ボタンなど)による絞り込みも可能となっています。

さらにデザインをクリックすると、詳細ページなどを挟まずに掲載元へアクセスできるスムーズさも魅力です。

まとめ

この記事では、ECサイトのデザインを制作する際に意識すべきポイントや、参考になるECサイトを集めたおすすめのギャラリーサイトをご紹介しました。

ECサイト制作にあまり慣れていない段階では、これらのサイトで使われるテクニックを取り入れ、制作を進めていくことがおすすめです。

コンバージョンに繋がりやすいデザインを参考にしながら、素敵なECサイトを制作してください。

一覧に戻る